top05.jpg

「声のプロになるためのボイストレーニング講座」
声のスペシャリストを輩出し続ける声のカリスマが送る、ボイストレーニング教材!



スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音痴について

音痴とリズム感の関係

音痴にはさまざまな種類があります。

音程は合っているが、リズム感が悪いせいで音痴になっている人、リズム感は良いが、音程が外れているせいで音痴な人、音程もリズム感も良いが、プレッシャーでいつもの力が発揮できずに音痴になる人がいます。

このように音痴にもいくつかの種類に分類する事ができてきます。

この中でリズム感の悪い音痴がありますが、この音痴が一番目立つのです。音程は多少外しても、すぐにカバーできるのですが、リズム感が狂ってしまうと、立て直すのも難しいですし、リズムが狂ったのはすぐに周りに気付かれてしまうのです。

リズム感が悪い音痴の特徴は周りの音をうまく拾えていないようです。

ひとつの音を追っかけて歌うのではなく、周りの楽器の音と自分の声を調和させる事が重要なのです。ですから、まずは周りの音を注意して聴いてみてください。何度も聴く事によって、だんだんリズムが取れるようになってきます。

Voicemusic04 リズム感をうまく保つトレーニングとしては、メトロノームなども効果的です。この道具はリズムを正常に保つためにありますので、リズム感に問題がある音痴には救世主となる道具のひとつでしょう。

音程には問題ないのですから、後はリズム感を正常に保つだけで音痴という問題は解決するでしょう。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。